HOME > 会社情報 > 沿革
会社沿革
   
1950年10月 戦前文房堂絵具工場に勤務していた伊藤一三が東京都千代田区有楽町2丁目にて商業美術の専門家を対象にした絵具を生産しようと襯縫奪ー絵具製造所を設立、北区十条の工場にてポスターカラーの生産を開始。
1951年 三軌会の創立者:故互井開一氏、一陽会:故荻野廣児氏等の協力を得て、本邦初の不透明水彩絵具「ガッシュ」を発売。
1962年11月 手狭になった北区十条の工場より練馬区北町の新工場に移転。
1973年11月 創立者伊藤一三が死去、工場長 伊藤 晃が代表取締役に就任、同時に専務取締役には営業部長 小柳福三郎が就任。
1975年 24ccチューブ入り デザイナース カラー 全63色を新発売。
1987年 コマーシャルカラー 全45色を発売。
1988年 20ccラミネートチューブ入り アクリック ガッシュ 全73色を新発売。
1993年 20ccラミネートチューブ入り デザイナース カラー 全93色にリニューアル発売。
1998年 20ccラミネートチューブ入り アクリック ガッシュ 全98色にリニューアル発売。
1999年10月 代表取締役社長伊藤 晃、専務取締役小柳 福三郎、それぞれ代表取締役会長と相談役に退く。代わって代表取締役社長には赤尾 進一郎、専務取締役には妻倉 一郎が就任。
2001年 ウイズカラー、ビーズカラー全29色新発売。
2001年10月 代表取締役会長 伊藤 晃 退き、顧問に。他の役員は留任。
2007年2月
代表取締役社長 赤尾 進一郎 退き、取締役会長に。代表取締役社長には専務取締役 妻倉 一郎が代わって就任。